土地の形状が旗竿地の場合は駐車可能台数を把握する

旗竿地は敷地面積が広くても安く感じられる土地物件です。地価の高い住宅地でも、広めの敷地面積を確保しやすいメリットがあります。一戸建てを建築するスペースが、奥まった場所に位置していますので、敷地面積が広くても細長い形状の土地の面積が要因になっていることが多いです。細長い形状の土地は私道として利用すると効果的です。駐車場として機能するようにしておけば、決して無駄になりません。旗竿地の形状の土地は、細長い部分に駐車スペースを確保できるかをチェックしましょう。マイカー所有者であればマイカーの駐車スペースとして利用しましょう。マイカーを利用しない人の場合でも注意したいのが、一戸建てのメンテナンスで工務店や業者が訪問してきたときの駐車スペースです。細長い部分にトラックやバンも駐車させられれば、工事作業がスムーズです。旗竿地は、接している道路の幅が狭いので、道路に一時停車させると隣接する土地の門扉前や玄関前になってしまうことがあります。細長い部分に工事車両も駐停車させられれば、工務店や業者も道路の一時停車対策の必要がありませんのでメリットになります。細長い形状の土地でも、二台から三台の駐車が可能になる場合も多いので、駐車可能台数として把握するように心がけましょう。

ガクエン住宅は 葛飾区の土地を探します。 3118

土地を購入する際、気を付ける点とは

家を新たに建てる場合は土地を購入することが多いです。家をたてるということは大きな買い物と言われており失敗しないように何度も下見をすることがあります。ですが、下見を重ねていくうちに他の土地に目移りしたり、どうしたらよいか悩むこともあります。 不動産会社で興味があると思った土地がみつかった場合は、その場で決断をせず、保留にしておくことが重要です。そのうえで、何度か下見をしますが、下見をするポイントがあります。 まず、晴れた日は下見をしないということです。晴れている日はその土地の良い部分しかわかりません。そのため雨の日に行くと土の状態がよくわかります。また、交通状況もわかるので、土地の周辺はどのくらい車の渋滞があるのかわかります。 その他としては近所の方の情報は参考にしない、という点です。少し前まではその土地に何かあったのか気になり過去を調べたりしました。現在でもそういったことは大事ですが、話を参考にするよりも過去その土地はどういった使われ方をしていたのか調べることが大事です。その際、近所の方の生活の仕方も把握しておくと不安が少なくなります。また、雪が多く降る地域では雪の処理をどのように行っているかを見ておくことも大事です。 晴れている日だけでなく、様々な気象の時に行くといろいろなことが見えてきます。

Copyright ©All rights reserved.土地の形状が旗竿地の場合は駐車可能台数を把握する.